薬剤師転職の教科書

PharmacistCareer

ドラッグストア薬剤師の転職

ドラッグストア薬剤師になるには?仕事内容や年収・向いてる人

投稿日:

調剤薬局併設のドラッグストアに薬剤師として転職を考えているけど、どこの企業も同じに見えて年収だけで選ぼうとしていませんか?

ドラッグストア薬剤師になりたいという方に向けて、調剤薬局併設ドラッグストア薬剤師の仕事内容や年収、向いている人などについて徹底解説して参ります。

私自身就活の際にどの企業も同じに見えてしまい年収だけで就職先を決めてしまい、入社前のイメージと入社後の現実の差によって後悔していました。

現在調剤併設ドラッグストアで約3年勤務していますが、自分でも気が付かなった「自分の求めている仕事像」ぴったりの社風の企業を見つけてきていただけました。

また、今回紹介する転職エージェントを選べば、専任コンサルタントが自分が求めている企業への転職を後押しをしてくれますので、おすすめ転職エージェントも紹介します。

ドラッグストア薬剤師の仕事内容

調剤薬局併設ドラッグストアでは、主な業務は処方箋調剤OTC販売に分けられます。

医療機関門前の調剤薬局だと決まった内容の処方箋が出ることが多いですが、調剤薬局併設のドラッグストアは門前型は少なく、地域の幅広い病院からの処方箋が集まることが多いです。

そのため、様々な薬に触れる事ができて自身のスキルアップにもつながります。

また、ドラックストアには薬を買いに来るお客様だけではなく、介護用品やベビー用品や食品など多岐に渡るため、お客様のニーズに合った多くの知識が求められます。

他にも接客、レジ打ち、売り場構成変更など様々な仕事がありますが、企業によっては調剤と調剤以外の業務を完全に分離しているドラッグストアもあるようです。

▼調剤併設ドラッグストアの仕事内容イメージ

ドラッグストア薬剤師の平均年収

以下の表は、5大都市を有する都道府県(北海道・東京・大阪・愛知・福岡)での業種別薬剤師の年収調査結果になります。

調剤薬局 507.1万円
ドラッグストア 542.2万円
病院 467.2万円
企業(製薬会社・卸・治験関連) 504.8万円

上記表のようにドラッグストア薬剤師の年収は、病院や調剤薬局薬剤師より一般的に高い傾向にあります。

転職時の経験やスキルにもよりますが、年収交渉を薬剤師向けの転職エージェントに任せる事で、さらに高収入が望める職種と言えるでしょう。

ドラッグストア薬剤師になるメリット

地域医療へ貢献できる

ドラックストアと病院・調剤薬局の薬剤師の大きな仕事内容の違いは、様々なOTC医薬品に触れられる事です。

セルフメディケーションが推進される昨今では、軽度な身体不調は自分で手当てるため、OTC医薬品を購入される方も多くなりました。

お客様の症状を聞き、薬剤師のスキルを活かして最適な商品をお薦めしますので、後日お客様から感謝された時は地域医療へ貢献できている実感が持てるでしょう。

このようにお客様との距離が近いのがメリットの1つです。

高収入が望める

先ほどの表からも分かる通り、ドラッグストア薬剤師の年収は他の薬剤師よりも高いです。

薬剤師が居ないと販売できないOTCがあったりと、ドラックストアでの薬剤師の仕事の幅は広いため、人員確保のために高い年収で募集している企業が多いです。

パート薬剤師では時給3,000円前後での募集も多く、とても重宝される存在となっています。

勤務時間の融通がききやすい

多くのドラッグストアでは9時~19時の中でのシフト制勤務が多く、複数人の薬剤師で運営していきます。

また、ドラッグストアの大半はチェーン展開しているため、近隣店舗からの応援人員などを貰うなどして、急な体調不良による欠勤などのサポート体制が整っている事が多いです。

時間の融通がききやすく急な欠勤でも対応できるのが、ドラッグストアの強みだと言えます。

ドラッグストア薬剤師に向いてる人

今回解説している通り、ドラッグストア薬剤師に向いている人の特徴として挙げられるのは、

✅収入を増やしたい人
✅お客様接客が好きな人
✅様々な薬に触れたい人
✅時間に融通を効かせたい人
✅地域に貢献したい思いが強い人

上記に当てはまる方はドラッグストア薬剤師に向いていると言えるでしょう。

前述した通り、調剤併設ドラッグストアではOTC販売やそれ以外の接客も多くこなすことになりますので、薬以外の生活のお悩み相談もされることも多いです。

また、調剤併設ドラッグストアでは様々な病院から処方箋がくるため、初めて見るような薬が出る事も多々ありますので、様々な薬に触れたい方にお勧めですね。

調剤薬局併設ドラッグストアへの転職方法

調剤併設ドラッグストアへ転職するにはどうしたらいいでしょうか。

まだまだ調剤を併設していない店舗もありますし、数あるドラッグストアの中から自分の条件に合った中途採用している調剤併設店舗を探すのは大変だと思います。

そんな時は薬剤師専用の転職サイトを活用しましょう。

数ある薬剤師向け転職サイトの中でも特にお勧めなのが、薬剤師の半数以上が登録している最大手の「薬キャリ」です。

↓薬キャリの登録はコチラ

薬キャリには常時4万件以上の求人があり、年収600万以上の求人が多く、職場の口コミも見ることが出来ます。

薬キャリエージェントへ相談すれば希望条件に合う求人の提案や、給与交渉もしてくれるため高収入が望めるためお勧めです。

まずは、気になっている企業の口コミを見る事から始めるのもいいでしょう。

▶︎薬キャリ公式HPはコチラ

-ドラッグストア薬剤師の転職

Copyright© PharmacistCareer , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.