薬剤師転職の教科書

PharmacistCareer

パート薬剤師の転職

パート薬剤師のメリットは年収高い?正社員・派遣薬剤師との違い

投稿日:

薬剤師の雇用形態は主に、正社員・パート職員・派遣社員に分けられますので、転職を決めた時はまずどの雇用形態で働くのが良いかを考えますよね。

自分の生活スタイルに合わせてベストな働き方を選択したいところですが、それぞれの雇用形態には具体的にどのような特徴があって、どのようなひとにおすすめか詳しくは分からない人もいるのではないでしょうか。

メリットやデメリットをあまり知らずに雇用形態を選んでしまうと、実際に働き始めてから後悔することも少なくありません。

そこで今回は、パート薬剤師に焦点を当て、私自身のパート薬剤師の経験などからそのメリットやデメリットを探っていきます。

また雇用形態による働き方の違いについてもまとめましたので、今働き方を変えようと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

パート・派遣・正社員薬剤師の働き方の違い

パート、派遣、正社員の薬剤師の働き方の違いを下記表に大まかにまとめました。


それぞれの項目ごとに、違いを細かく比較していきましょう。

時間の融通・残業の有無

時間の融通が一番利かないのは、やはり正社員薬剤師です。

正社員は会社に対して大きな責任があるので、よほど特別な雇用契約や事情がない限りは自分の生活・都合に合わせて勤務時間を変更することや残業を断ることはできません。

パート職員や派遣社員は時間の融通がかなり利くだけでなく、どちらも時間給でお給料をもらっているため、決まった勤務時間きちんと働けば残業を強いられることはまずありません。

ただし、私の経験からですが、どうしても派遣社員かパート職員のどちらかに残業を頼まなくてはいけない時に、薬局側はパート職員の方に残業を頼む傾向があったように思います。

派遣社員はもともとパート薬剤師よりも時給が高いので、時間外手当を払うことを心配する薬局が多いということが原因として挙げられます。

給与・年収について

年収を見ると、なんと派遣社員はボーナスをもらっている正社員よりも収入が高い傾向があることが分かります。


自分の夢の実現や生活において、効率的にお金を稼ぐことが必要な場合、パート薬剤師よりも派遣社員の方が向いていると言えるでしょう。

関連:派遣薬剤師のメリット・デメリット徹底解説【※元派遣薬剤師が語る】

業務の範囲

正社員とパート薬剤師は薬局に直接長期雇用されているため、薬局内のすべての業務を覚えて仕事をスムーズに回す必要があります。

対して派遣社員は期間限定のため、即戦力として働ける窓口業務を中心に行うことがとても多く、調剤は派遣社員には一切お願いしないと決めている薬局も中にはあるくらい業務が限定されています。

この事実を聞くと、「業務が少ない分、派遣社員の方が楽なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、長時間同じ仕事内容を繰り返さなければならない環境は、長く働いているとかなり苦痛に感じるようになります。

割り切って業務に集中できれば問題ありませんが、もし正社員と同じようにいろいろな業務をして働きたいという希望がある場合には、パート薬剤師の方が向いていると言えるでしょう。

異動の有無

会社にもよりますが、正社員や派遣社員は、正社員の異動による影響や人手不足などでやむを得ず店舗を異動しなければならないこともあるようです。

それに対してパート職員の異動はまずありませんので、一つの店舗で長期に働きたいからパート薬剤師を選択したという人も少なからずいます。

パート薬剤師のメリット・デメリットのまとめ

ではここからは、よりパート薬剤師に焦点を当ててメリット・デメリットについて解説して参ります。

パート薬剤師のメリット①:時間の融通が利く

パート薬剤師の最大の利点は時間の融通が利くことです。

たとえば薬局が忙しく、時間外も働いてほしいと言われたとしても、都合が悪ければ定時で帰らなければいけない旨を堂々と主張できるのがパート薬剤師です。

私もある時期パート薬剤師として働いていた時期がありますが、家族の都合や習い事の都合で時間外勤務を断わったことが何回かあります。

正社員ですと、このようなことはまずできませんよね。

また、時間が限定されているからか生活の大部分が仕事だという感覚も少なく、仕事自体に対するストレスが軽減されているような気にもなり、仕事と自分の生活の両立ができるという充実感を感じました。

パート薬剤師のメリット②:契約期間がなく長期で働ける

パート薬剤師は派遣社員と同じように時間を限定して働いています。

ですが、派遣社員のように契約期間が基本的にありませんので、同じ薬局で長期に働くことができ、どこか他の薬局に異動しなければいけない不安がありません。

また、正社員のような雇用の保証はありませんが、人手不足と言われている薬剤師ですから、突然解雇という心配もほとんどないと言えるでしょう。

慣れた業務をずっと続けられることは身体的にも楽ですし、気分的にも安定しますよね。

私は派遣薬剤師として2か月ごとの契約で働いていたことがありますが、契約更新が近づくたびに、またどこかへ異動しなければならないのかもしれない不安がつきまといました。

契約期間のこと心配しながら働きたくないという人にはぜひパート薬剤師をお勧めしたいです

パート薬剤師のメリット③:正社員と同じ業務内容で働ける

先ほどお話しした通り、パート職員は正社員と同じように薬局内のすべての業務を任されることが多いです。

「限定された時間の中ですべての業務を任されるのは大変なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、決まった勤務時間の中ですべての業務に携われるというのは、大きなメリットだと言えます。

派遣薬剤師のように業務まで限定されてしまうと、いつも誰かのお手伝いをしているという感覚が抜けず、やりがいを感じることが難しくなる恐れや、業務自体を退屈に感じてしまう恐れがあります。

その点、パート薬剤師は正社員と同じように仕事ができるということは自分の自信や存在価値にもつながりますよね。

パート薬剤師のデメリット①:お給料が少なめ

ここまでパート薬剤師は仕事や拘束時間、異動に対するストレスが少ないとお伝えしてきましたが、パート薬剤師のデメリットとしてまず挙げられるのはお給料が少なめということです。


正社員や派遣社員は、これらのストレスがパート職員に比べて多いからこそ、収入が高いと言っても過言ではありません。

雇用形態を選択する際にはまず、経済的な安定を選ぶのか、仕事以外の生活を重視するのかを考えることが必要です。

パート薬剤師としての勤務を選択している人は、経済的なことよりも家族や趣味、そしてストレスの少ない快適な生活を重要視していることがとても多いですよ。

パート薬剤師のデメリット②:正社員のような保証がない

パートで働いている薬剤師は、基本的に退職金やボーナスなどの保証はなく、正社員のように職歴がキャリアとして認められることも少ないです。

私が新しい薬局に面接に行った際、面接官から「この薬局は正社員として働いていましたか?それともパートですか?」と聞かれたことが何度かあります。

やはり正社員として責任をもってフルタイムで働いていたという職歴はキャリアとして認めてもらいやすく、次の就職にも有利になるのだなと実感しました。

薬局にもよるのでしょうが、もし将来的な安定やキャリアを求めるのであれば、パートではなく正社員を第一選択にしたほうが良いと思います。

パート薬剤師のデメリット③:意見が立場上軽視されることがある

私たち薬剤師は、時に患者さまの安全を守るため薬局のルールや環境を改善しなければいけないことがあります。

経験ですが、自分のためではなく患者さまのことを思って発言をしたのに「正社員じゃない、たかがパート」という理由であまり真剣に考えてはもらえないということがありました。

時間は限定されていても正社員と同じ業務をしているわけですし、薬局の職員として薬局を思う気持ちは変わらないのですから、区別することなく意見を取り上げてほしいと正直思いました。

私のケースは、その薬局で働いた年数が長くなったころにやっと正社員と同じように意見を聞いてもらえるようになりました。

全ての薬局が同じとは言いませんが、正社員とパート職員の立場的な違いが様々なところで生じる可能性があるということは頭に入れておいてほしいところです。

パート薬剤師の好条件求人を効率的に探す方法

今回の内容を踏まえてパート薬剤師になってみようと思った人もいると思いますが、パート薬剤師への転職を成功させるにはどのような方法が良いのでしょうか。

ハローワークの活用や、求人広告を探すなど方法はたくさんありますが、私は薬剤師転職エージェントを活用することをお勧めします。

薬剤師転職エージェントを活用するメリットは、以下3点が挙げられます。

自分では探せない求人が見つかる

薬剤師向け転職サイトをまず見てみると分かると思いますが、数多くの求人が掲載されています。

未登録でも検索できるこれらの求人は、実は薬剤師向けの転職エージェントが持っている求人のほんの一部なのです。

転職サイトからエージェントに本登録をすると、自分では探すことのできない求人を見ることができ、その中からより条件に合った求人を探し出すことができます。

「わざわざエージェントに登録するなんてめんどくさい」と思う人もいるかもしれませんが、登録することで得られる情報量を考えると、登録の手間をかける価値は確実にありますよ。

履歴書添削や面接対策を行ってくれる

転職エージェントを利用して選考を受けてみたい薬局が見つかると、無事に入職できるために履歴書の書き方を教えてくれたり、面接のシュミレーションなど選考対策をしてくれます。

また、面接当日に同行し一緒に面接を受けてもらえたり、勤務初日に一緒に挨拶に行ってくれたりすることもあります。

一人でがんばらなければならない転職活動にプロが付き添ってくれるのはとても心強いです。

担当者が転職先の薬局と条件交渉してくれる

私はファルマスタッフにお世話になりましたが、担当者が私が提示した条件をに合う薬局を探し出してくれて無事転職を成功させることができました。

実は私が出した条件はとても厳しく、最初は条件に合う求人がなかったのですが、担当者がいろいろな薬局と交渉してくれた結果、薬局側が希望に近い条件で了承してくれたのです。

これはプロの腕ならではですよね。

私一人の力では、薬局を見つけ出すことも交渉もできませんでした。

パート薬剤師希望の場合は、時給や時間の交渉も上手にしてくれると思いますので、ぜひ転職エージェントの力を借りて転職を成功させてほしいと思います。

↓ファルマスタッフの登録はコチラ

-パート薬剤師の転職

Copyright© PharmacistCareer , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.