薬剤師転職の教科書

PharmacistCareer

在宅医療薬剤師の転職

在宅医療薬剤師になるには?働くメリットと最短で転職する方法

投稿日:

高齢化社会がいよいよ本格化してきた現在、在宅医療を行う薬局がどんどん増えてきました。

背景には、老人保健施設などの介護施設や、患者さまが高齢化したことで、薬局に薬を受け取りに来れなくなってしまう方が増加していることなどがあり、結果的に在宅医療のニーズが高まったと考えられます。

そしてこの高齢化社会に貢献したいということで、在宅医療を行っている薬局に転職を希望している薬剤師もたくさんいるのではないでしょうか。

自分が身につけてきたスキルが高齢者や体の不自由な方々の役に立つことは、薬剤師になってよかったと思う瞬間でもありますよね。

ただその一方で、「在宅医療を行っている薬局」と言っても、実際にどんな業務をしているのかや、通常の薬局と何が違うのかなどが分からないということで、転職すること自体に不安を感じてしまっている人も中にはいると思います。

今回は、実際に在宅医療を行っている薬局での勤務経験がある私が、在宅医療の仕事内容やメリット・デメリット、また在宅医療薬剤師に最短でなるにはどうしたらよいかお話します。

この記事を読んだ後、転職への不安が少しでも減り、在宅医療への転職成功に向けて一歩踏み出していただけたら嬉しいです。

在宅医療薬剤師求人に強い転職エージェントはコチラ

在宅医療薬剤師の仕事内容

まずは在宅医療を行う薬局の仕事内容について見ていきましょう。

在宅医療と言っても老人保健施設の処方や個人宅で薬局に来局できない方の処方箋を受け取り調剤・監査・服薬指導をしますから、基本的な業務の流れは通常の薬局とさほど変わりません。

ただし厳密に言うと細かい内容が一般の調剤薬局と違いますので、その辺の詳細をお伝えしようと思います。

調剤

在宅医療の調剤に携わった時にまず初めに気付くのは、老人保健施設ごと・患者さまごとに仕様が決まっているということでしょう。

たとえば、施設によって一包化の薬袋に入っている薬の名前や錠数を印字しなければいけないとか服薬日を印字しなければいけないなどの守らなければいけない仕様があります。

施設ごとに印字内容や文字のフォントなどが違うので、常にどの施設かを意識して調剤することが不可欠ということです。

通常の薬局ではこのようなことはあまりありませんので、仕様を気にしながらの調剤に最初は戸惑うのではないでしょうか。

仕様の違いは印字だけではありません。

在宅医療を頼んでいる患者さまは、外来患者さまのように薬を自分で管理しているのではなく、たいてい看護師・介護士・またはご家族の方が管理しています。

そのため、看護師、介護士、またはご家族の方が分かりやすいように、また、患者さまに間違えて薬を服用させないように、薬袋の一部に服用時点によって決められた色を塗っていくという作業が必要です。

例を挙げますと、

・Aという施設では朝食後は赤、昼食後は緑、夕食後は青、就寝前は黒・・・
・Bという施設では、朝食後が緑、昼食後が黄色、夕食後が黒、就寝前は無職・・・

というように、施設ごとに決まった色をマジックインクやインクジェットでつける感じです。

ここまで読んで、「色付けは単純な作業だし、なんだか簡単そう。そんなに負担にならないのでは?」と思う人も多いと思います。

ですが、実はそんなことは全くないのです。

作業自体は簡単でも、施設ごとに頼まれた色がありますのでそれを間違えてしまうと、患者さまに間違って薬を飲ませてしまう恐れにもつながるリスクの高い仕事ということを忘れてはいけません。

もし昼食後と夕食後の色を間違えて塗ってしまったら、色で判断した介護士さんなどが昼食時に夕食後の薬を患者さまに飲ませてしまうことも十分に考えられますよね。

単純な作業でも大きな責任がある仕事ですから、最大限の集中力と注意力が必要なのが在宅医療薬剤師です。

監査

在宅医療薬剤師の監査業務は通常の薬局よりもチェックポイントが多いです。

ほとんど一包化処方ですので、錠剤やカプセルの刻印を見て監査する機会が多く、時間がかかりますし、調剤でお話しした「施設ごとの仕様」も同時に監査しなければなりません。

通常の監査業務も大変ですから、チェック項目が増えることを負担に感じてしまう人も中にはいるはずです。

服薬指導

患者さまが来局する場合は窓口での服薬指導になりますが、在宅医療では患者さまのご自宅や施設に出向いて服薬指導することが多くなります。

また、電話で服薬指導を行うこともありますので、顔の見えない分より親切で分かりやすい説明が必要になることも少なくありません。

在宅医療薬剤師として働くメリット

続いて在宅医療薬剤師として働くメリットを3点挙げてみたいと思います。

高齢化社会に貢献している実感

在宅医療に携わっていると、かなり高齢の方の処方箋を多く取り扱っていることに気付くと思います。

中には寝たきりの患者さまもいらっしゃいますし、ご本人が認知症でご主人が生活の全ての面倒を見ている方など、高齢化社会が起こす問題を目の当たりにすることがとても多いです。

またその一方で、100歳を超え、110歳に近い方の処方箋を見てお元気なことに嬉しくなる時もあります。

これらの患者さまたちに薬を作ってお届けすることで、自分が高齢化社会に貢献していると実感できることが在宅医療薬剤師のメリットの一つと言えます。

薬の服用が難しい患者さまを直接手助けできる

窓口での服薬指導ですと患者さま一人一人の生活が分かりませんので、薬をきちんと毎日服薬できない患者さまへの指導はなかなか難しいですよね。

アドヒアランス向上のお手伝いは、一包化したり、薬袋に大きな文字で服用時点を書いたりすることでしかできないのが実際のところではないでしょうか。

在宅医療では、患者さまのご自宅やベッドサイドに伺うので、患者さまの生活環境がよく分かり、もう少し踏み込んだアドバイスをできることがあります。

在宅医療で良かった体験談

以前、薬を服用することも薬がどこに置いてあるかも忘れてしまう患者さまがいらっしゃいました。

ご家族と別居で一人暮らしでしたので、他の方に薬の管理を頼むわけにもいかずどうしたらよいのか薬剤師たちも頭を悩ませました。

すると、ある薬剤師が「この患者さま、カレンダーを見る習慣はあるよ」と言ったのです。

だったらカレンダーに薬を貼り付ければ、薬をなくすこともないし服用も忘れないのではないか・・・・ということで薬をお届けする際にカレンダーに薬を貼り付ける作業をすることにしました。

この作戦はとてもうまく行き、患者さまのアドヒアランスがかなり向上しました。

このように、ご自宅に伺ったからこそ手助けできたという事例が在宅医療ではいくつもあります。

時間のゆとりを持って調剤・監査ができる

通常、薬局に患者さまが来局される薬局では、患者さまが調剤中に待ちくたびれてしまい、早くしてとせかされることが本当によくあると思います。

具合が悪い中薬局で待たなければいけない患者さまの気持ちを思えば理解できることではありますが、調剤・監査はミスが許されないので、焦らずにある程度余裕をもって業務を行いたいというのが薬剤師の本音ですよね。

在宅医療では患者さまが直接来局するわけではないので、焦って調剤することが少ないことが利点として挙げられます。

もちろん配達日や配達時間を守らなければいけないのでのんびり業務ができるというわけではありませんが、至急の薬でないかぎり、ある程度の時間をもらいますので通常の薬局に比べてせかされながら業務をするということは少ないです。

余裕をもって業務ができればそれだけミスも減りますので一石二鳥と言えるでしょう。

在宅医療薬剤師として働くデメリット

次に、在宅医療薬剤師として働くデメリットについても解説していきます。

ほとんど一包化のため監査作業が大変

前述したように、在宅医療を行っている薬局では用法用量一包化を希望する処方箋を取り扱うことがほとんどです。

そのため、監査時間のほとんどは、一包化の袋に入っている多数の錠剤やカプセルの刻印とのにらめっこになります。

通常ですとPTPシート、ヒートシーリングでの調剤が多いので監査もそれほど負担に感じないかもしれませんが、一包化で薬剤数も多く、なおかつ処方日数の多いとなるとかなりのエネルギーが必要になることは言うまでもありません。

チェック項目が多くミスが起こりやすい

これも先ほどお伝えしたことですが、施設ごとに仕様が違い、仕様に関するチェックを調剤時、監査時に行うので、仕様確認ミスが起こる可能性が高いというデメリットがあります。

調剤過誤はまったくないのに、仕様をミスしたため、過誤報告を書かなければいけないこともよくあることです。

薬自体は間違っていないのに、色付けを間違えてしまったことで苦情が来るととても悔しい思いをしますよね。

不快な思いをするときもある

メリットの項目のところで、患者さまのご自宅に伺うことでの良いところをご紹介しましたが、ご自宅に伺うことは実はメリットばかりではありません。

ご自宅によっては臭いなどの問題に悩まされることもありますし、一人暮らしの男性の家などは女性薬剤師一人では伺いにくいということもあります。

また、家に来ているからと毎回お手伝いさんのように扱われ、薬に関係のない日常の用事まで頼まれてしまうことさえあるのです。

そのため、どこまでお手伝いをするか、また伺いにくい家に行かなければならない時はどのようにすべきかを薬局内で話し合って決める必要が常にあります。

在宅医療薬剤師に求められる条件一覧

在宅医療の仕事内容や特徴についてここまでお話してきましたが、在宅医療薬剤師に求められるのはいったいどのような素質を持った人なのか解説して参ります。

丁寧かつ慎重に仕事ができる人

ここまでお話しした通り、在宅医療薬剤師の仕事は通常よりも慎重に行わないとミスが起こりやすい仕事です。

施設ごとの仕様のこともありますし、一包化処方が多いことが大きな原因ですが、加えて配達する前にきちんと処方箋枚数と薬の数が合っているかや、患者さまの薬が違う施設の薬に紛れ込んでいないかも注意しなければなりません。

そのため、きちんと頭の中を整理して、一つ一つ丁寧かつ慎重に仕事を終わらせる人がこの仕事に向いていると言えます。

一人一人に手厚い心配りができる人

顔の見えない患者さまのことを思って一人一人に手厚い心配りができることは、在宅医療薬剤師にとって一番重要なポイントと言ってもいいと思います。

「手厚い心配り」と言っても別に特別なことをするわけではありません。

たとえば、薬を袋詰めをするときに丁寧にパッキングしたり、薬袋の文字を見やすく書いたりという心配りです。

以前、患者さまのご家族が薬局に電話をかけてきたことがありました。

「今回の、パッキングをしてくれた薬剤師さん。とってもきれいに包んでくれて本当にありがたかった。いつも薬が来るとそれを一包一包確認するんだけど、きれいに薬が入れてあったからビニールが変に折れていなくて確認しやすかった。その前の薬剤師さんも、その前の前の人も、なんかとっても雑で、まるで「早く死ね!」と言われているような感じがして、とっても悲しくて・・・薬局を変えようと思っていたんだけど、今日の薬剤師さんがずっと調剤してくれるならこれからもこの薬局に頼むよ」

顔が見えないからこそ、相手のことを思って薬を作るべきなんだなと再確認できた出来事でした。

患者さんの気持ちを考えて心配りができる人は、在宅医療薬剤師に向いていると思います。

在宅医療薬剤師になるための3つの方法

では在宅医療薬剤師のメリット・デメリットを踏まえて「尚目指したい」という方に向けて、在宅医療薬剤師の求人を探す方法を3つ解説します。

転職エージェントに頼む

一番おすすめしたいのは薬剤師向け転職エージェントに登録し、転職のプロたちに在宅医療を行っている薬局を探してもらうことです。

もし未登録であっても、転職エージェントのホームページから求人検索ができますので、条件のところの「在宅」のチェックボックスをチェックしたり、フリーワードに在宅と入力したりして検索してみてください。

すると、かなりの数の求人を見つけられるはずです。

また、転職エージェントはホームページで検索できる公開求人以外に転職エージェントに登録すると紹介してもらえる非公開求人があります。

ぜひ転職エージェントに登録をして、担当者に在宅医療に携わりたいことを伝え、自分にとってベストな求人を探し出してください。

ファルマスタッフの評判は?ブラック企業の求人だけ?面談口コミ

広告・チラシで求人を探す

広告・チラシを見て転職活動する方法もあります。

休日に何枚かポストに入っている求人広告を見ると、保険薬局の求人とともに「在宅も経験できます」など、在宅医療を行っている薬局だということをアピールしている求人を見つけられる時があります。

保険薬局によっては求人広告にだけ募集を載せているところもあるので、求人広告をチェックする価値は十分にありますよ。

ただ、転職エージェントに比べると求人数が極端に少なくなってしまうため、転職エージェントでの転職活動と同時に求人広告も探すという方法をおすすめします。

ハローワークに行く

ハローワークでも在宅医療を行っている薬局の募集を時々見かけます。

時間のある時にお近くのハローワークに行き、スタッフの人に在宅医療を条件に探し出してもらうのも一つの手ですが、もし時間がなければハローワークのホームページから求人検索もできますので試してみてください。

しかし、この方法も転職エージェントと比べてしまうとあまり有効な方法とは言えませんので、転職エージェントと同時並行で転職活動をしたほうが良いと思います。

在宅医療薬剤師求人に強い転職エージェント

全国の在宅業務を行っている薬局を3つのエージェントで比べてみると、以下のようになりました。

▼大手転職エージェントの在宅医療求人比較

上記を見ても分かる通り、エムスリー株式会社が運営している業界大手の「薬キャリ」が在宅医療薬剤師求人に強い転職エージェントと言えます。

↓薬キャリの登録はコチラ

薬キャリの求人検索機能を実際に見てみると分かると思いますが、薬キャリの求人には、

✅クラシス
✅薬剤師WORKER
✅お仕事ラボ
✅WORKPORT
✅Phar+Mate
…etc

などさまざまな転職エージェントの求人が掲載されていますので、その結果薬キャリの求人数が他の転職エージェントに比べて圧倒的に多くなっているんですね。

とにかく早く在宅医療に携わるために転職したい人は、選択肢の多い薬キャリのホームページを最初にチェックしてみることを強くお勧め致します。

↓薬キャリの登録はコチラ

-在宅医療薬剤師の転職

Copyright© PharmacistCareer , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.